Make a bliliant experience for the blockchain service of all smart handheld device

今から20年ほど前に日本国内で誕生したモバイルインターネットは、インターネット経済圏を大きく飲み込んだのみならず、世の中に多大なる影響与えるインフラとして21世紀の社会になくてはならないものになりました。

そこでは、様々なオンラインサービスやコンテンツが生み出され多種多様な新しい経済圏が出現しました。いつしかグローバルな動きとなって世界中を席巻するようになりました。世界中の企業の市場価値、すなわち時価総額ランキングで今日大半の上位企業は軒並みインターネット企業となっています。

一方でインターネット企業が強大化し、当初思い描いていたものとは違うものになっている現実もあります。グローバル世界はインターネットによってさらに強固なものとして一つに結び付けられたのですが、最適化が進みすぎることを懸念して、GDPRを初めてとして分断しようとする動きが世界中で起こるようになりました。

そうした文脈の一つとして、グローバル経済の根幹をひっくり返す可能性を秘めているものが言わずとしれた「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンの本質とは究極には「インターネット」を通じて「価値」が「移転する」ということです。

これまでのインターネット上では、コンテンツや情報は「インターネット」を通じて「情報のコピー」が「拡散する」ということでした。そのため情報それ自体を専有したり独占するのではなく(情報自体に価値はない)、そのアクセスする権利や証券化が商業的な利用の中心でした。実際に価値が動くものは、ECサービス上で流通する「リアル」な「価値(商品)」であり、オンライン上で完結するもの自体に価値付けをすることは困難でした。仮想現実で完結する経済圏を前提とした世界の実現は困難で、コミュニケーション性以上のものを見出すことは困難でした。

そしてそうした権利や証券化の仕組みを提供する会社がいつしか中央集権的なプラットフォーム企業となり、OS以上にIT業界において圧倒的な覇権を握るようになりました。インターネットがすべてのリアルの産業を覆い尽くしていこうとする時代において、これは世界経済そのものの特定の勢力への中央集権化そのものに他ならず、世界経済・政治に大きな影を落とすことになっています。

権利化・証券化に依存せず、価値の移転を経済的/技術的に実現したブロックチェーンは、こうした経済の根幹の覇権を握るプラットフォーマーに対する根幹からの挑戦と言えます。古くはもともと分散的な仕組みとして立ち上がったインターネットの価値そのものを問い直す動きとしても注目され、かつてインターネット革命に参画した技術者・研究者がこぞって参加しました。一方でインターネット革命に乗り遅れた新しい世代の若者は最後のフロンティアだと盲目的に確信しこの分野にのめり込むことで、先行して「価値」=「お金」としての置き換えが理解しやすい金融サービス側から急速なイノベーションが起こっています。

今から20年ほど前、モバイルインターネットこそが世の中を変えると信じ仕事を始めた私は、インターネットの「Free」「 Flat」「 Fiar」「First」な価値観が、既存の権力構造・経済秩序に変革を与え世界がよりよくなることを信じて、まだ若かった私は夢中になって様々な事業やサービスを生み出してきました。同じ時代に戦ってきた仲間がmixi・モバゲータウン・グリーなどのサービスを生み出してきました。私自身も検索エンジンやコンテンツ・サービスを作り出し実際モバイルインターネットによって、いつでも誰でも何処でもインターネットが気軽に使える「庶民」のためのものへ進化に少しでも寄与できたのではと思っています。

ところが、資本主義×インターネットによって行き着いたインターネット企業・グローバルプラッフォーマーによる群雄割拠の時代において、ブロックチェーンを通じた新しい経済革命を引き起こす側に回りたいと考えるようになりました。

そこでこれから起こる革命とは、インターネットそのものの再発明にほかなりません。「価値」は「金融」的なものにとどまりません。

「価値」は、価値のプロトコルをやりとりする人たちそれぞれにとって「絶対的」なものではなく「常」に「相対的」なものであるからです。これはオンライン上での行為な意味でのすべて(情報のみならず行動データをも包含するすべて)に「価値」が生み出される時代。もう一つの現実が始まろうとしています。

今のインターネットは、究極にはリアルな世界を飲み込んだ、新たな「リアル」の創造でした。ところが今後ブロックチェーンによって再発明される新たなインターネットとは、もう一つの現実(いわゆる仮想現実)を作り出していくことなのです。そこに新たな楽園、経済圏をつくっていくべく、ブロックチェーンを核にした事業を実現してまいります。

それは18年前にチャレンジしたモバイルインターネットに対する挑戦と同じ文脈、それ以上の思いをもって展開してまいります。そしてこれは何よりインターネット革命に第一線でこれまでずっとチャレンジしてきた我々だからこそ実現できると信じています。

2018年9月1日
株式会社スマートアプリ
創業者兼代表取締役社長 佐藤 崇